1.BBで上昇相場の始まりを取る


<BB>(ボリンジャーバンド)
・ボリンジャーバンドは計算式にボラティリティを取り入れている為相場の基調変化に敏感で大変使いやすい指標です。
・ここではボリンジャーバンドのことを「BB」、マイナス2シグマのことを「0%」、プラス2シグマのことを「100%」と表現させて頂きます。管理人の専門は商品先物ですが、ここでは参加者の多い株式の上昇相場を念頭に置いて説明していきましょう。

BBの仕掛けるポイント
【上昇相場の始まりを取る】
・しっかりとした上昇相場が始まった場合、初動で株価はBB100%を大きく超えて上昇し、その後はバンド幅を拡大させながら株価はBB100%近辺を保ちながら上昇していきます。後から振り返れば初動のBB120%超えを示現したその日を指さして「仕掛けどころだった」と後悔したりしますが、実際には初動のBB120%近辺を買うのは大変危険です。大相場を振り返ればそこが買い場に見えますが、初動のBB120%超えが必ずしも大相場になるとは限らないからです。つまり、初動が示現してから気づいたのではもう遅いのです。移動平均線でゴールデンクロスしてから買ったのでは遅いのと一緒です。長い底練りの間に仕掛けるべきだったのであり、バンドの急拡大に気づいてからでは失敗に終わる可能性が高くなります。

(Visited 62 times, 1 visits today)

総動画本数: 5,018